ミニッツレーサー用ボディを製作しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホイールはずし用の治具を作ってみました。


インスタントコーヒーの蓋を使って作りました。

まず、締め込んだ時に蓋が割れない用に鉄板に穴を開け、ボルトを通して、



蓋にも、穴を開けて



ボルトで固定



あとは、はずしたいホイールをセットしてボルトを締め込めば簡単に取れます。



この時、必ずホイールとボルトの間にシムを入れて下さい。入れないと、ホイールがボルトで傷が付きます。

丁度いいサイズの蓋があったので、簡単に出来ました。
スポンサーサイト

【2013/01/22 01:38】 | 小ネタ
トラックバック(0) |
icsスイッチ01

つまらないことですが、小ネタを一つ。

昔のホワイトボディのケースを少し切って3mm角のプラ棒を接着してあります。

これをシャイロ用のコネクターの横に両面テープで貼り付けます。

icsスイッチ02

こうすれば、ICSの設定をするときに使うあの細い棒を使わずにすみます。

結構使いづらいんですよねあの棒・・・

以上、小ネタでしたヾ(=^▽^=)ノ

関係ないですが、9月に発売予定の赤色のR8かっこいいですね。ちょっと欲しいかも。

【2012/08/11 18:27】 | 小ネタ
トラックバック(0) |
DSCN2188.jpg

さて、これは何でしょう?













正解は
DSCN2191.jpg

これでボディの厚みを測ります(o^∇^o)ノ

これが無いと、ルーフなどの厚みが測れません。

55mmの所で0になるように合わせてあるので、

写真の厚みは1.3mmぐらいでしょうか?

本当はステンレスのノギスで作りたかったのですが、

穴あけが大変だし、そんなに正確に測れなくてもいいと思って、

100均でプラ製のを買ったんですが、

強度不足でぐらぐらします(ノ◇≦。)

皆さん作るときはちゃんとした物を買いましょう♪(o ̄∇ ̄)/


【2009/11/24 19:45】 | 小ネタ
トラックバック(0) |
DSCN2107-1.jpg
前回の仕様では、あまりリヤが出ないので、ピニオンを12Tにしました。

タムテックギヤのピニオンを2mmの真鍮線でスパーギヤにはめ込んであります。

長さも長いので、1?2mm削ってあります。

ピニオンの直径が大きくなるので、ノーマルのデフだと当たってしまって入りません。

そのためリジットアクスルを使い、べベルギヤを加工して、バックラッシュの調整をしています。

DSCN2111-1.jpg
写真の所の出っ張りを削って、調整しています。

最初は全部削っていけると思ったのですが、やりすぎたみたいで、

一枚目の写真は0.5mmのプラ板をはさんでいます。

とめているネジも削ってください。そうしないとベベルギヤから飛び出します。


肝心の走らせた感想は・・・・・・・



『むずい!!』



一瞬だったらカウンターを当てることが出来るのですが、持続させるのは難しいですね?

直線でもスピンしてしまいます。

腕に覚えのある方はやってみて下さい。

【2009/08/04 22:24】 | 小ネタ
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。