ミニッツレーサー用ボディを製作しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DSCN2107-1.jpg
前回の仕様では、あまりリヤが出ないので、ピニオンを12Tにしました。

タムテックギヤのピニオンを2mmの真鍮線でスパーギヤにはめ込んであります。

長さも長いので、1?2mm削ってあります。

ピニオンの直径が大きくなるので、ノーマルのデフだと当たってしまって入りません。

そのためリジットアクスルを使い、べベルギヤを加工して、バックラッシュの調整をしています。

DSCN2111-1.jpg
写真の所の出っ張りを削って、調整しています。

最初は全部削っていけると思ったのですが、やりすぎたみたいで、

一枚目の写真は0.5mmのプラ板をはさんでいます。

とめているネジも削ってください。そうしないとベベルギヤから飛び出します。


肝心の走らせた感想は・・・・・・・



『むずい!!』



一瞬だったらカウンターを当てることが出来るのですが、持続させるのは難しいですね?

直線でもスピンしてしまいます。

腕に覚えのある方はやってみて下さい。
スポンサーサイト

【2009/08/04 22:24】 | 小ネタ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。